温暖化対策で中国と協力

アメリカと中国は、気候変動に関する高官級協議を終えて共同声明を発表し、地球温暖化対策にむけて協力していくことを確認しました。 共同声明では、米中両国が地球温暖化対策の国際的枠組み、パリ協定の目標達成など、気候変動対策に協力して取り組んでいくことが明記されました。 今年11月に行われる気候変動に関する国際会議「COP26」までに、両国が温室効果ガスの排出量ゼロにむけた長期戦略を策定することが盛り込まれたほか、アメリカが主催して22日から行われる「気候変動サミット」に中国が参加することも明記されました。 今回の共同声明は、気候変動問題を担当するケリー大統領特使と中国の解振華気候変動担当特使の協議をうけて発表され、バイデン政権で初の米中協力に関する文書となります。 アメリカは16日に行われた日米首脳会談で、台湾をめぐり、中国を強くけん制したばかりですが、気候変動対策では協力していく姿勢を示した形です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です